はじめてのコンタクトの方へ

コンタクトレンズ選びのポイント

ソフトレンズ
ハードレンズ
★コンタクトの種類
コンタクトレンズは、大きく分けてハードレンズ、ソフトレンズがあります。さらにソフトレンズは、常用タイプと定期交換/使い捨てに分けられます。それぞれメリット/デメリットがあります。
★瞳も呼吸している
レンズの酸素透過性も重要なポイントです。瞳も呼吸をしており、酸素透過性の低いもの(呼吸を妨げるもの)を使用し続けると、瞳が酸素不足に陥り、重大なトラブルの原因となります。酸素透過係数(DK値)の高いレンズがおススメです。
★自分に合ったものを
皆様の眼の状態とご希望を考慮して、最適なレンズをスタッフと一緒に検討しましょう。必ず相性の良いレンズが見つかります。

コンタクト購入までの流れ

★眼科専門医受診
高度管理医療機器であるコンタクトレンズを使用開始するためには医師の診察が必要です。まずは、まず最初のステップとして、眼科専門医に自分の眼の状態やレンズ着用の可否を診てもらいましょう。
★コンタクトレンズ使用開始までの流れ
  1. 問診
  2. 検査(視力や屈折率、角膜内皮細胞数などデータ測定)
  3. 医師による診察(適正診断)
  4. レンズ決定(ご希望レンズがあれば遠慮なくお伝えください)
  5. レンズの度数決定(実際にレンズをはめての視力検査)
  6. 医師によるフィッテイング検査(そのレンズが自分の目にフィットしているかどうかの診察)
  7. 取扱説明、付け外しの練習
  8. お試し期間

※上記の通り、はじめてコンタクトを使用される場合は、定期検診と比べて長い時間がかかります。時間には余裕をもっての来院をお勧めします。

大切な目を守るために

★正しい使用方法
コンタクトレンズは、間違った使い方をすると重大な目のトラブルを引き起こします。決められた使用期限、ケア方法等を守りましょう。
★定期検診のすすめ
たとえ使い方を守っていてもコンタクトレンズの使用頻度が高くなれば、その分リスクも高まります。
自覚症状がなくとも、知らない間にレンズの傷や汚れが眼のトラブルを引き起こすことがあります。眼科医の指示した頻度での定期検診、レンズチェックをお勧めします。
★Menicon Eye Life Suport(MELS:メルスプラン)
メニコンによる、皆様の安全安心なコンタクト生活をサポートするためのプランです。当店のおススメです。
詳しくは →
メルスプラン
瞳の健康BOOK
高野眼科
ページ上部へ戻る
CLOSE